院長ブログ

あきた耳鼻咽喉科クリニック_院長ブログ

弘前でももうスギ花粉症!?

ここ数日花粉症のような症状の方が増えています。南の方ではもうスギ花粉が飛んでいますが、弘前周辺でも晴れた日には飛んでいるのかな?

f:id:akita-ent:20190216223823j:plain

今年の弘前のスギ花粉飛散予測は平年並み~やや多いとなっていますので、飛散開始が近くなったら早めにお薬をもらいに来てくださいね。

FMアップルウェーブ(78.8MHz)アップルタウン暮らしのゼミナールに出演します。

FMアップルウェーブ(78.8MHz)アップルタウン暮らしのゼミナールに出演します。もちろん収録です。先日パーソナリティの近藤志織さんがインタビューしてくださいました。近藤さんはとてもチャーミングでフレンドリーな素敵な方でした。おかげであがり症な私でもリラックスしてお話しできました。(できたと思っています。)

放送日は

第1回 3月1日(金)午前9:10~(再放送 3月2日(土)午前9:30~)

   『スギ花粉症~おもに検査、治療などについて』

第2回 3月8日(金)午前9:10~(再放送 3月10日(日)午前11:45~)

   『スギ花粉症~舌下免疫療法について』

で、それぞれ15分くらいです。

皆様是非きいてみてください!

岩木山ショートトレッキング

先日天気が良かったので高照神社から岩木山神社、百沢スキー場まで軽くトレッキングして来ました。初めての道です。

高照神社は以前より整備され綺麗になっていました。

f:id:akita-ent:20181120144742j:plain

途中工事現場もあったけど、なかなか楽しめるコースでした。

f:id:akita-ent:20181120144847j:plain

f:id:akita-ent:20181120144928j:plain

スキー場はまだリフト取付前でした。早く雪が積もらないかなぁ。

f:id:akita-ent:20181120145033j:plain

高照神社に新しい博物館ができたので、見学してきました。皆さんも是非どうぞ。

f:id:akita-ent:20181120145155j:plain

2018年インフルエンザワクチン予防接種について

2018年インフルエンザワクチン予防接種は10月29日(月)より開始いたします。

予防接種の受付時間は午前9時から12時まで、午後3時から6時までです。受付時間を厳守してください。基本的に受付時間を過ぎた場合はお断りいたします。予約制ではございませんので予防接種の受付時間内に受付をお済ませください。

料金は大人(13歳以上)3,500円、小児(1歳以上13歳未満)3,000円です。小児は2回接種が薦められています。

12月29日(土)にて終了いたします。ワクチン不足などで入荷しない時は出来ませんのでご了承ください。また当院での予定ワクチン数に達した場合は終了いたしますのでご了承ください。

青池と沸壺の池

f:id:akita-ent:20180914142734j:plain

これは有名な十二湖の青池です。確かに青くて綺麗です。光の差し具合によってだいぶ違うと思いますが、前回のブログに載せた写真の方が水が澄んでいて綺麗に見えました。

f:id:akita-ent:20180912194336j:plain

これです。この池は十二湖の沸壺の池です。青池に劣らず魅力的な池でした。すごいですね、青森県

スギ花粉症の舌下免疫療法を始めましょう。

今日初めて十二湖に行って来ました。湖(池か?)も自然林も綺麗でした。でも遠かったです。すごく癒される空間だったので、宿泊してゆっくり散策したい所ですね。

f:id:akita-ent:20180912194336j:plain

最近秋のアレルギー性鼻炎が増えていますが、スギ花粉症のつらさも是非思い出してほしいです。まだ来春のスギ花粉飛散予想は出ていませんが、猛暑だったので多いかもしれませんね。

スギ花粉症の舌下免疫療法は高い治療効果が期待できますが、毎年2月から5月までは治療開始できません。治療を開始するのにベストな時期は今ですので、スギ花粉症の症状が出ていない今から舌下免疫療法を始めましょう!

認知症と難聴は深い関係があった!

肌寒くなってきました。今日は雨が降っていますが、秋のアレルギーで目のかゆみが強いです。

今日は認知症と難聴のお話です。

最近十分な証拠がある認知症の危険因子が9つ確認されました。難聴、低教育、高血圧、肥満、喫煙、うつ、運動不足、社会的孤立、糖尿病です。この中で45歳からの中年期以降の難聴は最も大きな危険因子であり、もし回避できれば約9%の認知症を減らすことが出来ると分かりました。

やっぱり聞こえないといろいろ困ったことが起こるんですね。お年寄りの難聴を改めて見直して、嫌がらずに早目の補聴器装用を心がけましょう。

f:id:akita-ent:20180910144048j:plain